♪2006年 第26回 足立区合唱祭♪

2006年10月22日(日) 西新井文化ホール ギャラクシティ


うたった歌

1:花のランプ     (混3)
        大木惇夫:詞 / 飯沼信義:曲

2:山のいぶき    (混3/4)
        松前幸子:詞 / 川崎祥悦:曲

3:空駆ける天馬    (混3)
         館蓬莱:詞 / 黒沢吉徳:曲

4:樹氷の街      (混3)
        竹岡範男:詞 / 矢田部宏:曲


ピアノ=橋浦淑子さん
    (譜めくり=あっきー さま @常笑気流歌劇団さま



5周年記念演奏会を終えて1ヶ月、「抜け殻」から見事に復活したNeo-TOKYOの隊員たちが、この年も足立区のギャラクシティにお邪魔しましたー!
これが足立区合唱祭出演「3度目の正直」ということもあって、ことしは「正直でまっすぐなNeo-TOKYO」を観て・聴いて頂こうと、1ヶ月前に行なった演奏会のために練習を積んだ曲から、Neo-TOKYOがステージで初めてうたう『樹氷の街』を含めた4曲を、どーんとお届けしました!

今年の4曲のテーマは「昭和の懐かしいクラス合唱曲でうたう四季」。
これは、Neo-TOKYO創立時から一度は合唱祭のステージで叶えたかった企画でした。

夕方からは雨模様、そして遅い時間帯の出番にもかかわらず、この日も多くのお客様に応援していただきました!
足立区の皆さま、今回も楽しい時間と熱いご声援を本当にありがとうございました!!

2006年のステージの一覧はこちら♪→