♪2003年 リーダーシャッツ21 出版記念コンサート

2003年5月25日(日) 王子 北とぴあ さくらホール


うたった歌

1:うたをうたうとき
     まど・みちお:詞 / 木下牧子:曲
               (混4・アカペラ)

2:アヴィニョンの橋の上で
     フランス民謡/竜田和夫:訳/橋本剛:編
           (編曲初演 /混4・アカペラ)

3:あの素晴らしい愛をもう一度
     北山修:詞/加藤和彦:曲/吉岡弘行:編
          (編曲初演 /混4・ギター伴奏)


 指揮=辻秀幸さま(全曲)
 ギター=島林深雪くん(3)


 ☆ Neo-TOKYOが参加した合同合唱曲 ☆

  主よ人の望みの喜びよ
  愛のコーラス
  Va, pensiero sull ali dorate







辻先生からのご紹介で、前年末出演を決めた大舞台!
アカペラをステージで歌うのも初めてだし、何と全曲「指揮」をつけて歌うのも初めて(笑)!
直前まで「コツ」をつかめずに四苦八苦した隊員も多かったようですが、なんのなんの!
ねおとー持ち前の本番でのノリの良さと、なんと言っても辻先生のパフォーマンスで会場は大盛り上がり!!
やっぱり 「歌は心です、ノリです、笑顔です!!」
(・・・ってそれだけでもイケませんけどね(笑))
会場中の皆さん、大きな手拍子をありがとう!!


2003年のステージの一覧はこちら♪→