♪2008年 板橋 いのちふるさと平和のつどい♪

2008年12月14日(日) 板橋区グリーンホール 1F


うたった歌

1:気球に乗ってどこまでも (混3)
           東龍男:詞 / 平吉毅州:曲
2:大空賛歌            (混3)
          桑原ほなみ:詞 / 黒沢吉徳:曲
3:翼をください        (混3)
      山上路夫:詞/村井邦彦:曲/若松正司:編
4:君をのせて          (混2)
         宮崎駿:詞/久石譲:曲/富澤裕:編
5:涙をこえて           (混3)
            かぜ耕司:詞 / 中村八大:曲
6:ひょっこりひょうたん島 (混4)
      井上ひさし・山元譲久:詞/宇野誠一郎:曲/はしもとごう:編
アンコール:ひょっこりひょうたん島(混4)

ピアノ=伊藤恵里子さん


雨模様の中、ちいさな会場にみんなで集まって、お客様の笑顔の近くで心を込めて歌をお届けする。。。
この日の「初☆板橋」の舞台は、混声合唱隊Neo-TOKYOの2回目のステージだった「横浜」を想いだすような心温まるステキな舞台になりました!!
あの時と違うのは、あの頃まだ10人ちょっとだったメンバーが30人以上になって、歌に込める「心」も3倍以上になったこと。
選曲も、合唱曲に限ることなく、ポップスやアニメ映画の主題歌、テレビ番組の主題歌など、多岐にわたるジャンルから選んで、ひとりでも多くのお客様に楽しんで頂けるよう、この日に臨みました♪。
「元気いっぱい」から「しっとり」まで、Neo-TOKYOならではのバリエーション豊かなステージをお楽しみ頂けたのではないでしょうか?
そしてこの日のトピックは、毎年11月に参加してきた町田市合唱連盟合唱祭で、ピーターパンとともに歌うために、作曲家のはしもとごう(橋本剛)先生に編曲をして頂いた曲を、初めて混声合唱隊Neo-TOKYO単独で披露できたこと!!
冬本番を迎えつつあった板橋は、暖かい南の島の世界へ、つかの間の「小旅行」となりました。
そしてもうひとつのトピックは、その橋本剛先生が会場に駆けつけてくださったことでしたー!!
・・・さらにさらに、全曲を終わったNeo-TOKYOに、会場から「アンコール」の声も頂き、会場の皆さまと一緒に「ひょっこりひょうたん島」を振り付けをつけながら一緒に歌いましたー!
皆さまありがとうございましたー!!
いつか板橋区の皆さまに、またお会いできる日を楽しみにしています!!

2008年のステージの一覧はこちら♪→