♪2012年 第33回 町田市合唱連盟合唱祭♪

2012年11月11日(日) 町田市民ホール


うたった歌

1:つながるいのち
   下地なを美:詞・曲/照屋岳史:編/富沢裕:合唱編
           (2部+ピーターパン)


2:恋のダイヤル6700 (編曲初演)
     阿久悠:詞/井上忠夫:曲
       はしもとごう:編曲 (編曲初演)
         (混4+ピーターパン)振付= H.OHTA


ピアノ = 村田智佳子 さま
譜めくり = 栗原寛さま


毎年恒例の「お祭りさわぎ」、町田市合唱連盟合唱祭ですが、この年のピーターパン&Neo-TOKYOは、ひと味もふた味も 趣を変えて登場しました!!
まず1曲目にお届けした曲は、沖縄の学校の先生によるうた、「つながるいのち」。
この歌は、これからを生きる子どもたちに、「いのち」を大切につないでいってほしいと願う大人からのメッセージソング。
会場では、涙をぬぐうかたの姿も ちらほらとお見受けしました。
そして、2曲目にお届けした「お祭りソング」は、高度成長期の日本で大ヒットした歌謡界の名曲、「恋のダイヤル6700」!
今ではふつうとなっている「グループアイドル」の先駆けともいえる フィンガー5の最大のヒット曲です。
なんといっても この歌では、オリジナルの「6700」を思い出させる ハデな振り付けで 会場を大きく大きく沸かせました!
Neo-TOKYO創立当初の特徴のひとつでもあった「楽しく見せるステージ」がよみがえったことで、大きな記念碑ともいえるステージになりました♪。
ピーターパンとの楽しい振り付けがついた歌の披露には この年もとても盛大な拍手をいただきました、ありがとうございました!
来年もいっそう楽しく、懐かしさいっぱいの「ピーターパンwithNeo-TOKYOの世界」をお届けします!!

2012年のステージの一覧はこちら♪→