♪2015年 第36回 町田市合唱連盟合唱祭♪

2015年11月15日(日) 町田市民ホール


うたった歌

1:ともだちになるために
新沢としひこ:詞 / 中川ひろたか:曲 / 奥田政夫:編
          (2部+ピーターパン)


2:WAになっておどろう 
 長万部太郎:詞/曲 はしもとごう:編 (編曲初演)
          (混4+ピーターパン)

ピアノ = 村田智佳子 さま
ジェンベ = 増村和彦 さま
カホン = 高橋浩喜 さま
タンバリン = 青木清孝 さま
ギター = 島林深雪 さん

ピアノ譜めくり = 栗原寛さま


前日の雨も午後にはすっきり上がった東京の端っこ町田のホールに、今年もピーターパンwith混声合唱隊Neo-TOKYOがやってきました!
1曲目では、幼稚園や小学校の低学年の子どもたちが歌っている「ともだちになるために」をお届けしました。
ともだちを想う気持ちを歌ったこの歌は、歌手でタレントのつるの剛士さまがアルバムでカバーして息の長いヒット曲になりました。
この日のためにみんなで一生懸命に手話を覚えて、心温まるステージをお届けしました。
2曲目には、恒例になったピーターパンとNeo-TOKYOの楽しい「懐かしくて新しいテレビソング」。
今年は、音楽ユニットAGHARUTAさまがNHK「みんなのうた」で発表して、アイドルグループV6さまがシングル曲として発表、
今ではオトナも子どもも知っている歌となった大ヒット曲「WAになっておどろう」をお届けしました。
この町田のステージでは、ピアノ伴奏だけでなく、ジェンベ・カホン・タンバリンやギターといったたくさんの楽器も交えて、
にぎやかに楽しくピーターパンとNeo-TOKYOの世界をお贈りしました! 
この年も会場いっぱいのたくさんのお客さまがたから素晴らしい拍手をいただきました。
いつも応援ありがとうございます。
来年も楽しいステージをお届けしますのでお楽しみに♪。

2015年のステージの一覧はこちら♪→