♪2018年 第39回 町田市合唱連盟合唱祭♪

2018年11月11日(日) 町田市民ホール


うたった歌

1:「だいすき」のうた
高嶺万喜与:詞 / はしもとごう:曲
          (2部+ピーターパン)


2:Young Man ~ Y.M.C.A.
  あまがいりゅうじ:日本語詞/Jacques Morali:曲/橋本剛:編
      (混4+ピーターパン)


ピアノ = 村田智佳子 さま
  譜めくり = 栗原寛さま




温かな晩秋の町田で開催された「町田市合唱連盟合唱祭」。
この年のピーターパンwith混声合唱隊Neo-TOKYOは、
多くの人々に愛され続けるエネルギッシュな歌謡ポップスを引っ提げて登場しました。

1曲目は、障がい児たちによる歌のサークル「ピーターパン」のオリジナル曲『「だいすき」のうた』。
昨年に引き続き心温まるこの曲を1曲目にお届けしました。

そして2曲目は『ヤングマン』。
半年前に他界された西城秀樹さまが昭和54年に発表したこのナンバーは
平成最後のこの秋になっても、多くの人々が口ずさみ、また、振りを真似ることのできる名曲。
これからも歌い継がれいて行くであろう名曲を、ピーターパンと共に
「懐かしいクラス合唱曲を歌い継ぐ」Neo-TOKYOが
元気いっぱいにお届けしました。

混声合唱隊Neo-TOKYOでは、この曲を既に昨年の10月末には
2018年の町田市合唱連盟合唱祭で歌う事を決定していましたが、
このたびの編曲は、西城氏の急逝を受け、合唱譜で著名なカワイ出版さまが
追悼企画として出版を決定したうちの一曲です。

Neo隊長が考案した「観て楽しい振り付け」は例年よりも難しいものでしたが、
サビの「Y M C A」では、会場の皆さまがたと一緒に盛り上がることができました!
演奏後には、会場のお客さまから盛大な拍手をいただきました。
ありがとうございました。

来年の町田にも、ほんわか楽しい歌をご用意してうかがいますね。
お楽しみに♪。

2018年のステージの一覧はこちら♪→