♪2008年 町田養護学校 Spring Concert♪

2008年3月8日(土) 町田養護学校 体育館


うたった歌


[第1部= ピーターパンの歌声]

1: 気球にのってどこまでも(ピーターパン)
   東龍男:詞 / 平吉毅州:曲

2: 翼をください  (ピーターパン)
   山上路夫:詞 / 村井邦彦:曲



[第2部= 混声合唱隊Neo-TOKYO の 歌声]

1: Tomorrow   (混3)
   杉本竜一:詞・曲 / 富澤裕:編

2: 友よ北の空へ   (混3)
   海野洋司:詞 / 加賀清孝:曲




[第3部= ピーターパン with Neo-TOKYO]

1: マイ バラード (混3+ピーターパン)
   松井孝夫:詞・曲
2: 心と心で    (2部+ピーターパン)
   鮎川めぐみ:詞 / 千住明:曲/
   西澤健治:編

3: おどるポンポコリン(混4+ピーターパン)
   さくらももこ:詞 / 織田哲郎:曲・編/
   はしもとごう:編


  ピアノ=伊藤恵里子さん


寒かった2月も過ぎて、グッと暖かくなった3月のこの日は、3年ぶりに呼んで頂いた「町田養護学校さま」のコンサート。
ピーターパンもNeo-TOKYOも、あの頃よりちょっぴりオトナになって、でも、心で歌う想いはあの頃のままに、楽しいステージをお届けに戻って来ました。
この日は、Neo-TOKYOを設立の年から見守り、支え、彩り続けて下さっている「ピアノのおねえさん」、伊藤恵里子さんが、産休から復帰後、初の舞台でした!
温かな伊藤さんのピアノの音色に包まれて、歌うみんなも聴いて下さる皆さまも、うっとり優しい気持ちになれました♪。
それにしても・・・ 学校の体育館の舞台でうたうと、本当に「校内合唱コンクール」を思い出しますねー。
会場になった体育館に集まって下さったたくさんのお客様を前に、昔を今を、それぞれに思い起こしながら、楽しくて美しい歌の世界を楽しみました。
皆さま、たくさんの拍手をありがとうございましたー!

学校訪問・慰問などの一覧はこちら♪→