♪第2回 新宿 ステージ☆フェスタ 2006♪

2006年3月25日(土) 新宿文化センター 大ホール


うたった歌

1:気球に乗ってどこまでも(混3)
           東龍男:詞 / 平吉毅州:曲
2:大空賛歌           (混3)
         桑原ほなみ:詞 / 黒沢吉徳:曲
3:花のランプ          (混3)
          大木惇夫:詞 / 飯沼信義:曲
4:旅立ちの日に        (混4)
       小嶋登:詞/坂本浩美:曲/松井孝夫:曲
5:大地讃頌 カンタータ「土の歌」より(混4)
           大木惇夫:詞 / 佐藤眞:曲

 ピアノ=伊藤恵里子さん


混声合唱隊Neo-TOKYOが、「音楽・コーラスのつどい」で新宿文化センターの合唱祭に初めて出場してから、早3年半近くの年月が流れました。
そして2006年の春、新宿文化センター主催事業、「ステージ☆フェスタ」に初めて参加しました。
このステージでは、初心に帰って「懐かしいクラス合唱」から、名曲の数々を選曲。
多くの合唱ファンの知る名曲「気球に乗ってどこまでも」。
夢あふれる軽やかな「大空賛歌」。
春の薫りいっぱいの昭和のクラス合唱の名曲「花のランプ」。
この年に大流行した卒業式合唱曲「旅立ちの日に」。
最後は満を持してNeo-TOKYOがうたう合唱曲の定番中の定番「大地讃頌」・・・
それら1曲1曲に、会場から頂いた拍手に応えるように、Neo-TOKYOの歌声はぐんぐんボルテージ・アップ!
「歌に気持ちを乗せてお客様に伝えようね!」と約束して臨んだステージは、多くのお客様の心を打つ舞台に!
客席はちょっと空席が目立ったこの会でしたが、そのぶん、おひとりおひとりに語りかけるようにうたえた、とても楽しいひと時でした♪
お越し下さった皆さま、ありがとうございました!
来年のステージフェスタはきっと、もっともっとたくさんのお客様に「伝える」ことができるだろうなー。。。そんな「期待」と「確信」のステージでした!

2006年のステージの一覧はこちら♪→