2012年 第67回 東京都合唱祭♪

2012年7月14日(土) 新宿文化センター大ホール (東京 東新宿)



うたった歌


1:大空のドーム     (2部)
      岩沢千早:詞 / 大熊崇子:曲

2:夏の日の贈りもの   (2部)
      高木あきこ:詞 / 加賀清孝:曲

3:気球に乗ってどこまでも (混3)
      東龍男:詞 / 平吉毅州:曲


 ピアノ = 村田智佳子さん


『東京都合唱祭』へは 記念すべき10回目の出場となった 私たち混声合唱隊Neo-TOKYO。
近年、いつもならちょっと大きめな曲を持ってきたこの合唱祭に、この年は「初心に帰る」を心に、「クラス合唱の入り口ソング」だけを用意して参加しました!!
Neo-TOKYOの十八番でもある「気球に乗ってどこまでも」は、10年前の東京都合唱祭初出場の日、1曲目に歌った曲。。。
まさに「初心」に帰ってステージにあがれる曲でした。
そして今回の1曲目、「大空のドーム」は、さらに遡って、10年半ぶりに歌った曲でした。
「夏の日の贈りもの」にも 中学時代の思い出を持つ隊員もいて、懐かしいクラス合唱曲を楽しく歌うNeo-TOKYOの歌声は、遠い昔に音楽室で歌ったあの曲この曲でいっぱい。。。
「学校で歌う子どもたちのために生まれた合唱曲」の持つ世界は、すっかりオトナになったNeo-TOKYOが歌うことで、ひときわ大きく大きく広がりました。
そうです。
あの時 気が付くことができなかったクラス合唱曲の世界観を いま あらためて拓くことが 私たち混声合唱隊Neo-TOKYOの役割のひとつです。
会場の皆さまがたの まっすぐに私たちを見つめる瞳と、歌い終えた瞬間の大きな拍手は、この役割を満たすことができていたからなのかもしれませんね。
来年も 再来年も、かならず「会場のひとりひとりの皆さまの 心にしまってある懐かしいクラス合唱曲」を ご用意してまいります!!
どうぞ これから、11回目・12回目・・・
20・30と続く Neo-TOKYOの世界を お楽しみに!!

2012年のステージの一覧はこちら♪→